インプラントとは | きらら歯科クリニック | インプラントなら長野県伊那市にあるきらら歯科クリニック

きらら歯科クリニック ご予約・お問い合わせはこちらまで Tel.0265-72-6030 インプラントとは
ホーム > インプラントとは

インプラントとは

インプラントって何?

イメージ写真

インプラントは乳歯〜永久歯に次ぐ「第3の歯」といわれています。
今までは歯を抜いてしまったら、そのままになっていた部分に、「インプラント」という人工の根を埋め込んで、歯を元の形に戻せるようになってきました。

大きく分けて、歯がなくなった部分を人工の歯を使って治すには三つの方法があります。

  • 入れ歯にする
  • 両側の歯を削ってかぶせ物でつなげる(ブリッジ)
  • インプラントと呼ばれる人工歯根で治す。
    入れ歯やブリッジでは、不具合があるだけでなく他の歯への負担が多くなります。

インプラントは、よく咬めるだけでなく周りの歯にかかる力を分散させることが出来ます。健康な歯を削らなくても済みますし、見た目も人工の歯とは分からないほど。噛んだ感覚も自然です。

当医院で扱っているインプラントは患者さまの状態治療の方法によって2種類のインプラントを使い分けています。

このページのトップへ戻る

2種類の厳選したインプラント

1 アンキロスインプラント

骨の量に異常がなくクラウンやブリッジで治す場合はこのインプラントを使います。

2 カルシテックインプラント

歯とよく結合する成分が コーティングされていますから生体と馴染みやすくて安心です。骨の量が少ない場合や、歯を抜いてすぐに埋入する場合はこのインプラントを使います。

このページのトップへ戻る

インプラント治療の流れ

1.診療・診断、治療計画のご説明

2.精密検査・術前処置
インプラント治療をする前には、まず全体の歯周病を治療してキレイにしておく必要があります。

図版

3.インプラント処置(人工歯根の埋入)
歯がなくなった部分にインプラントを埋め込みます。

4.6〜12週間待ちます
骨とインプラントが結合するのは基本的には3ヶ月。埋入時の状態で期間は前後します。
その間は仮歯を入れているので見た目に問題はありません。

図版

5.歯(かぶせもの)を装着する
顎の骨とインプラントがしっかり結合したら人工の歯を取り付けます。

6.メンテナンス
かぶせ物をした後は適切なブラッシングや定期的チェック、クリーニングなどのメインテナンスが重要です。

このページのトップへ戻る

インプラントQ&A

インプラントの治療期間はどのくらいかかりますか?

口の機能の回復と長期的に良好な状態を保つため、口の中全体を総合的に治療する必要があります。そうした治療と並行して、インプラント手術を行います。インプラント埋入後は歯ぐきを完全に閉鎖し、基本的には3ヶ月インプラントが骨と結合する安静期間をとります。(埋入時の状態によって期間は前後します。)その後、2回目の処置で歯ぐきの上にインプラントから上部の土台を立てます。そして、歯ぐきの治癒を待って、型採りをし、補綴物を製作します。仮歯になるまでに4ヶ月。最終的な歯になるのには5ヶ月くらいかかるのが普通です。

インプラントは、どのくらいもちますか?

材質的には半永久的なものです。しかし、実際は患者さまのお口のお手入れによって決まります。天然歯と同様に、お手入れが悪ければインプラントの寿命も短くなります。

インプラントの手術が不安なのですが。

局部麻酔をしっかりしますので痛み等の心配はありません。不安感の強い方は笑気ガスを行います。ドクターやスタッフの声も聞こえます。入院の必要もありません。

インプラントの安全性は?

体となじむので、身体への影響はまったくありません。欧米ではすでに歯科の一般治療となっています。

インプラントにかかる費用はどのくらいですか?

インプラント治療には健康保険が適用されないため、費用は患者さまの自己負担となります。費用は埋入するインプラントに関わる手術と材料費、それに上部構造(土台と補綴物)の3つの合計からなります。治療の範囲や手術の難しさによって異なりますので一度、受診されることをお勧めいたします。

インプラント治療費
インプラントは誰でもできますか?

特に身体に問題がなく、歯科医院で通常の抜歯程度の処置が可能である方は年齢に関わらずインプラント治療を受けることができます。ただし、歯の欠損している部分に十分な骨のボリュームがない場合、インプラントができないことがあります。近年、骨再生術など、歯科学の進歩でそういう状況でもインプラントの埋入ができるようになりつつあります。

インプラントができないのはどんなとき?

顎の骨の状態が悪かったり、プラークコントロールの不良の方、慢性の疾患や重い血液や心臓の病気がある方は難しいでしょう。

このページのトップへ戻る

※クリックすると、内容が表示されます。

インプラントのリスク

1.インプラントを手術する前の問題
  • 1
    全身疾患の持病がある方
  • ・糖尿病
  • 血糖値がコントロールされ、安定している方はインプラント可能です。コントロールされているとは空腹時血糖値が100~140mg/dlでヘモグロビンA1cが7%以下の状態であることをいいます。主治医にご相談下さい。
  • ・心臓疾患、不整脈
  • 麻酔薬を使用することが出来ない場合はインプラント手術をすることはできません。主治医にご相談下さい。また血を固まりにくくする薬(バファリン、バナルジン、ワーファリン等)を服用されている方は一時的な服用中止が必要となります。
  • ・狭心症
  • 最近1~2ヶ月間発作がないか、あっても軽度であればインプラント治療は可能ですが、発作頻度が増加している場合は避けた方が良いと思われます。主治医にご相談下さい。
  • ・心筋梗塞 、脳梗塞
  • 発作後6ヵ月以上経過し、他に問題がなければ可能ですが、主治医にしっかりとご相談ください。また、十分な全身管理が必要となります。
  • ・高血圧症
  • 成人では最高血圧が160mm以上、最低血圧が95mm以上のどちらか、あるいは両方の場合は止血異常(血が止まりにくい傾向)が見られますので、高血圧の治療を優先します。但し降圧剤を服用している場合はこの副作用で歯肉炎になりやすいので要注意です。
  • ・骨粗しょう症
  • 骨密度が低い場合はインプラントが骨と結合しない可能性があります。主治医と相談した上で治療を行います。また、骨粗しょう症の治療薬のビスホスホネートを服用されている方は必ず申告してください。
  • ・コントロールできない出血傾向(止血異常)
  • ・その他、免疫疾患のある方や心理的に手術に耐えられない方など。
  • 2
    咬み合わせに問題のある方
  • 歯ぎしり、くいしばり(ブラキシズム)は、咬む力が歯の周りの骨にダメージを与え、歯周病を引き起こす原因の一つです。

    インプラントには歯根膜というクッションがありませんので、歯ぎしりや喰いしばりの力が直接に歯槽骨に伝わってしまい、インプラントと歯槽骨との結合をはずし、インプラント周囲炎と呼ばれる歯周病を引き起こすリスクがあります。

    実際、インプラントがダメにケースのかなり割合が歯ぎしりと喰いしばりの強い方なのです。

    インプラント治療の前にかみ合わせの改善を行ったり、歯ぎしりのある方は就寝時にナイトガードの装着が必要になります。
  • 3
    インプラントを入れる部分の骨の質や量に問題のある方
  • インプラントを入れる周辺の骨の厚み、高さが少ないとインプラントが失敗してしまうリスクが高いため、インプラントを行う前に骨を再生させる治療が必要になります。
  • 4
    歯周病のある方
  • 歯周病は、歯を支えている歯槽骨が破壊されていく病気です。インプラントはその歯槽骨に入れることになりますので、重度の歯周病の状態でインプラントを入れることはインプラントが失敗するリスクをかなり高めることになります。

    また、現在歯周病がそれほどたいしたことなくとも、歯周病となるリスク要因がある方も、将来的に歯周病が進行して、インプラントの寿命を短くすることとなります。その為、手術を行うまでに歯周病の治療を徹底的に行い、また歯周病のリスク要因がある方はそれを取り除きます。

    歯周病の治療を行い、歯周病が改善されればインプラントが可能になります。リスク要因が改善されない場合はインプラント手術をお断りすることもあります。
  • 5
    妊娠中の方
  • 妊娠中の方は、レントゲン撮影や薬の服用をすることができませんので、インプラント治療ができません。しかし、出産後はインプラント治療を受けることは可能です。
2.インプラント手術時の問題
  • 1
    下顎の骨にインプラントを埋める際のドリルによる下顎管損傷
  • 偶発症(偶然起こった、予測が不可能な症状)の起こりうるリスクがあります。
  • 下顎の骨の下の方には、下顎管というトンネルがあり、そこを下歯槽神経と下歯槽動脈・静脈が通っています。 また、神経の走行は複雑で、管から飛び出して骨の中を通っていることもあります。

    抜歯の際や、インプラントの手術の際にドリルで圧迫したりすると、下歯槽神経と下歯槽動脈・静脈を傷つけてしまいます。

    下歯槽神経が損傷してしまうと、唇などの麻痺が起こる場合があります。したがって、解剖学的な知識、下歯槽神経を傷つけない正確な診断がとても重要になります。

    当クリニックではCT撮影により神経の走行を事前にチェックし安全な体制で手術を行っております。

     もし麻痺が起こったとしても、下歯槽神経は知覚神経なので顔の形が変わってしまったり、運動障害を引き起こす事はありません。ただし、神経なので治るのに時間が掛かってしまいます。 3週間から数ヶ月かかるケースもあります。治療としてはビタミンB12や、ステロイドホルモンの服用を行います。また場合により、大学病院等の神経科にて診ていただく必要があります。

     いまだに神経を損傷したことはありませんが、偶然起こる要素が高いリスクですので、絶対起こらないともいえません。ただし、万が一の際には必ず当クリニックにて責任を持って対応いたします。
  • 2
    ドリルによる舌下動脈、下歯槽動脈の損傷
  • サイナスリフト時の上歯槽動脈の損傷
  • ・下顎の手術時
  • 下歯槽動脈は、前述の下歯槽神経のそばに存在するので、損傷してしまう可能性は低いです。もし損傷してしまったとしても、圧迫することで血を止めることができます。

    舌下動脈は下顎をドリルで穴を空けている際に、下顎骨の舌側の骨の薄い所を貫通してしまい、傷つけてしまう可能性があります。
  • ・上顎の手術時
  • 上歯槽動脈は上顎洞の中を走っている動脈です。サイナスリフト法を行う際に傷をつけてしまう可能性があります。圧迫により血を止めますが、手術は中止となります。

    どれもまず起こりえることは無いですが、事前の検査により、このようなリスクを取り除く必要があります。
  • 3
    ドリルによる鼻腔および上顎洞への穿孔
  • インプラントを埋める穴をドリルで開ける際、鼻腔底および上顎洞に穴を開けてしまう可能性があります。

    その場合には、その場所にインプラントを埋めることを中止し、他に埋めることが可能な場所にインプラントの穴を空けることになります。

    もし、穴を開けてしまった場合には、手術が終わった後に抗生剤を服用する事で感染予防をします。日常の歯科治療でも起こりえることで、症状が出るようなことはまず、ありません。

3.インプラント手術後と冠の装着後の問題
  • 1
    インプラント手術後の問題
  • ・インプラント手術後の痛み、腫れ、まれに内出血、しびれの可能性
  • インプラント手術後の痛みは、鎮痛薬によりほとんど抑えることができます。しかし、腫れた場合は改善に数日を要します。また滅多にないですが、内出血、しびれ等も起こることもあります。これらは時間が経つにつれて改善していきます。
    特にサイナスリフト、GBRとよばれる骨を作る手術を行うと、非常に腫れやすいです。
  • ・インプラントが骨と結合しない可能性
  • 骨の質が悪い場合や、大きすぎる力がインプラントに加わる事でインプラントが骨と結合しない場合がまれにあります。また、一定期間、インプラントと骨が結合するのを待ったにもかかわらず、骨結合していない場合も希にあります。その時は、もう少し結合期間を延長します。
  • ・細菌の感染による失敗
  • 可能性としては1%もないくらいですが、術後、インプラントをした部位に細菌が感染してしまうと、失敗することがあります。その為、抗生物質の服用と、術前の細菌のコントロールが大事となります。万が一、インプラントがダメになった場合は、当クリニックの負担にて再手術をさせていただいております。
  • 2
    インプラントと骨が結合し、かぶせ物が装着されからの問題
  • ・インプラントと骨との結合が緩くなる問題
  • かぶせ物の形が悪く、インプラントに無理な力がかかった場合や、通常より少ない本数のインプラントで咬む力を支えたりした場合、骨の量が少く、十分な長さのインプラントを埋めることが出来なかったり、骨の質が悪かったりする場合、治療後何年化した後にインプラントがグラグラと外れてしまうことがあります。
    10年保証をしておりますので、万が一の場合にも対応いたします。
  • ・歯周病の問題
  • インプラントしたらもう大丈夫、永久に噛めるようになると考える方もいらっしゃるかもしれません。しかし、インプラントがダメになる最大の原因も実は歯周病です。歯もインプラントも、それを支える骨があって初めて機能します。歯周病はその骨が痛む病気です。(インプラント周囲炎といいます。)患者様が歯周病で歯を抜かれたのであれば、歯を抜く前と同じ生活習慣をされていたのでは、インプラントの歯周病が進行して今度はインプラントを抜かないと行けなくなるかもしれません。

    そのため、インプラント治療では手術、きれいな歯を被せることと同じく、歯周病予防が大事になってきます。

    インプラントが機能し始めて自分の歯と同じように咬めるようになってからも、決して油断はできません。
  • ・ブラキシズム(歯ぎしり、くいしばり) によるインプラントの破損
  • 歯ぎしりは寝ている間にします。日中は脳が咬む力をコントロールしていますが、寝ている間は脳のコントロールが働かないため、歯ぎしりにより過剰な力が歯にかかります。そのため、インプラントや周りの骨にダメージが蓄積し、冠の破損、インプラントの周囲の骨が痛む原因となります。

    また、総入れ歯の場合は入れ歯の時はなくてもインプラントが入って、しっかり咬めるようになると再び歯ぎしりが始まります。就眠時にはナイトガードにより歯を保護する必要があります。
  • ・咬み合わせる歯のダメージ
  • かみ合わせによりインプラントもダメージを受けますが、かみ合う対合の歯もあうも同じようにダメージを受けます。その為、冠が破損したり、最悪の場合歯の根が折れたり、歯周病が進行したりします。メインテナンスによる咬みあわせの調整により、防ぐことができます。
  • ・舌、ほっぺたを咬む
  • 長い期間、歯が無いまま過ごしていると、元々歯があったスペースに舌が大きくなって、はみだしていたり、ほっぺたが緩んでしまっていることがあります。そのスペースにインプラントで歯が入ると舌、ほっぺたを噛んでしまうことがあります。
    冠の調整で治ったり、時間の経過とともに治ったりするようです。
  • ・かみ合わせの違和感
  • 一般治療で冠を入れてもあることですが、歯が入ってしばらくは違和感があります。 徐々に慣れていきますが、インプラントにより咬みあわせを大きく変更する際には、仮歯を利用して、生活の中で違和感の無い咬みあわせを探しますので、治療期間がかかることがあります。
電話でのご相談・お問い合わせ Tel.0265-72-6030メールでのご相談・お問い合わせ お問い合わせフォーム

診療時間 診療予約 初診・再初診の方 モバイルでのご予約は右のQRコードをご利用ください。 アクセス
〒396-0024
長野県伊那市坂下1891-5
TEL.0265-72-6030
【駐車場21台完備】
詳しいアクセスマップはこちら 院長&スタッフブログ スタッフ募集 医療法人きらら歯科クリニック